オフィシャルブログ

カテゴリー別アーカイブ: イベント

【食育活動】保育園でお魚&きぬ青のり教室

【宇和島市のサポートバンクの活動】
2021年12月9日

遊子の地元、甘崎保育園のお魚教室をしてきました。
歌吉鯛では、今回が最後。約7年海で泳いでいて、子どもたちより年上の歌吉鯛です。

甘崎保育園の子どもたちは、集中力があり、しっかり話を聞いてくれました。
今回はご厚意に甘えて、参加していたスリーラインズの看板娘がちょこまかと邪魔しても、お兄さん・お姉さんたちは動じずに、歌吉鯛ときぬ青のりに興味津々🎵
歌吉鯛やきぬ青のりを触って、目がキラキラ🤩笑顔で大はしゃぎでした。

試食では、手にくっついたきぬ青のりを最後までペロペロ。
全員がおかわりして青のりだらけになりました。

ありがとうのツリー、そして、とっても素敵なアルバムをいただきました。
事務所に大切に飾ってます。
私たちこそ笑顔いっぱいの子どもたちと交流することができ、感謝、感謝です♪

故郷には豊かな海と、その恩恵で美味しい海の幸があることを大人になっても覚えていてくれたら嬉しいです。

青のり家族のきぬ青のり餅と一生餅

12月11日(土)は、青のり家族の看板娘の一歳の誕生日!ということで、家族総出でお餅つきをしました。
初めての青のり餅、作り方も初めてでいろいろ試します。
餅つき機の力を借りてこねこね、混ぜ混ぜ、温かいお餅にきぬ青のりの『手もみ』や『微粉末』を投入するたびに磯の香りが部屋中に広がります。

つきたてのお餅の柔らかいこと!!
青のりの香りだけでなく、ほんのり塩気がプラスされてとっても美味しい🎵

待ちに待った看板娘の一生餅のイベントは、
真っ白いお餅と、微粉末で綺麗な緑色になったきぬ青のり餅の2個で一升分。
ところが、、皆が何かやってるとご機嫌で歩き回ってしまい、出番の頃にはもう眠くなってしまっていました。。
結局立ちはしたけれど、風呂敷に包んだお餅がまだまだ柔らかくて固定できずに動いてしまう。
バランスが悪くて歩けずに、尻もちをたくさん、泣いちゃいました。
頑張りましたね。

この地域は、誕生餅を配る習慣があり、普通のお餅ときぬ青のり餅をご近所の親戚に配ってきました。

生まれてから大きな病気もケガもせず、健康に生きてくれてありがとう!